フルーツバスケットanother(フルバナ) フルバ最終回のその後!誰の子ども?相関関係まとめ

相関関係・考察まとめ画像相関関係・考察まとめ

どうも、転生漫画で婚約破棄する皇太子並みに心変わりの早い管理人のエマです!

この記事では

  • フルーツバスケットanotherの登場人物
  • 前作フルーツバスケットで関連する相関関係

を初代『フルーツバスケット』に登場した人物と次世代『フルーツバスケットanother』に登場した人物に分けてまとめていきますので、「これ誰と誰の子ども!?」「前作で登場したキャラクターは誰が出てるの!?」と気になっている人は最後まで読んでみてください!

見てない人にはかなりのネタバレになるので注意してね

フルーツバスケットanother(フルバナ)はどんな作品?

『花とゆめ』で連載された高屋奈月先生の大人気漫画『フルーツバスケット』の次世代編となっており、連載している『マンガPark』にて無料で読むことができます。

漫画『フルーツバスケット』は全23巻(愛蔵版全12巻)で漫画『フルーツバスケットanother』は3巻まで発売されています。

『フルーツバスケット』は全世界コミックス発行累計3000万部を突破しており、2001年に本編の途中までテレビアニメ化され、2019年に全編アニメ化されました。
2022年には映画「フルーツバスケット -prelude-』の放映も決定しているほどの人気作です。

ちなみに初代フルーツバスケット(カラー版/モノクロ版)も『マンガPark』で読むことができるよ

フルーツバスケットanother(フルバナ)で登場する人物

三苫彩葉(みとまさわ)

フルバナの主人公で都立海原高校の新入生。

イラストの雰囲気は『フルーツバスケット』の透に似ているものの、家庭環境が異なるためか友人はおらず他人に迷惑をかけず生きていきたいという性格。

彩葉の親は離婚しており母と暮らしているが、ほとんど家には帰って来ず、帰ってきたとしても彩葉を否定することばかり言う、いわゆる毒親である。

幼い頃、同級生の女の子たちに仲間はずれにされ、それ以来拒絶させるのが怖く、下を向くことが癖になっている。

高校で睦生を始めとする草摩家やその仲間たちと出会い変わっていく。

草摩睦生(そうまむつき)

フルバで登場した子憑きの十二支「草摩由希(そうまゆき)」と由希が会長を務めた生徒会会計係だった「倉伎真知(くらぎまち)」との子ども。

親子関係がわかるセリフ

睦生「父さんと母さんも割と片づけ苦手だしその息子だし仕方ない仕方ない」
はじめ「こいつと親戚になると大変な目にあうぞ・・・もれなくあの人もついてくるわけだからな」睦生「最強の叔父ね」

都立海原高校の2年生で生徒会の副会長を務めている。

草摩はじめ(そうまはじめ)

フルバで登場した主人公「本田透(ほんだとおる)」と猫憑きの十二支「草摩夾(そうまきょう)」との子ども。

親子関係がわかるセリフ

はじめ「俺にとってのじいちゃんは籍真じいちゃんだけだ」
はじめ「可哀想だ 子の代になっても(ジェイソン)ネタを引っ張られる親父可哀想だ」

都立海原高校の3年生で生徒会の会長を務めている。
性格は『フルーツバスケット』時代の夾に似ており、ズバズバとはっきりとモノを言うので彩葉を傷つけてしまうこともあるが、自分でも言い過ぎたと毎回反省している。

草摩陸(そうまりく)

都立海原高校の1年生でフルバナの主人公・三苫彩葉と同じクラス。
昊の双子の弟。

フルバで登場した丑憑きの十二支「草摩潑春(そうまはつはる)」と午憑きの十二支「草摩依鈴(そうまいすず)」との子ども。

彩葉に同じクラスでお昼に誘おうとしている女子がいることに伝える。

潑春と似ており、立っているだけで彩葉にただならぬ圧を感じさせ、優しいけれどマイペース。

草摩昊(そうまそら)

陸の双子の姉。
都立海原高校の1年生でフルバナの主人公・三苫彩葉と違うクラス。

フルバで登場した丑憑きの十二支「草摩潑春(そうまはつはる)」と午憑きの十二支「草摩依鈴(そうまいすず)」との子ども。

親子関係がわかるセリフ

はじめ「あんだけ面倒見て駄目だったとか言われたら春おじさん達に陳情するわ」

見た目は依鈴に似ているものの、中身は紅葉や綾女を訪仏とさせるポジティブ自由っぷり。
スポーツの才能を秘めてそうなのに、秘めているだけの女の子。

草摩帛(そうまきぬ)

フルバで透たちが過ごした元紫呉家を管理している大学生。

フルバで登場した辰憑きの十二支「草摩はとり(そうまはとり)」と佳菜の親友で透たちの担任だった「白木繭子(しらきまゆこ)」との子ども。

親子関係がわかるセリフ

睦生「帛姉のお父さんはお医者さんなんだよ。お母さんは教師」

ミステリアスな雰囲気を持ち、真面目な両親とは異なり、努力は好きじゃないけど何事もそつなくこなすタイプ。

草摩志岐(そうましき)

中学1年生。

フルバで登場した戌憑きの十二支「草摩紫呉(そうましぐれ)」と草摩家の当主である「草摩慊人(そうまあきと)」との子ども。

親子関係がわかるセリフ

睦生「志岐のお父さんほどは悪知恵働かないよ?」
帛「誰か彩葉さんに志岐君は草摩当主の一粒種って話、したかな?」

当主である慊人が過去に起こしたことによって草摩本家の確執などに巻き込まれ、ミステリアスで彩葉と同様遠慮がちなところがある。

幼い頃、母親を待っている彩葉が階段から落ちている所を発見して救急車を呼んだものの、彩葉の母親から志岐が落としたと訴えられ、草摩家で話題になった。

草摩千弦(そうまちづる)

響歌の弟。中学2年生。志岐と同じ囲碁部。

フルバで登場した巳憑きの十二支「草摩綾女(そうまあやめ)」と綾女の店で働いていた「倉前美音(くらまえみね)」との子ども。

親子関係がわかるセリフ

昊「このお店(綾女)の店長の息子」

見た目はショートカットの綾女だけれど、中身はフルバに出てきた初期の燈路みたいでズバズバモノを言うので周りから注意されることも。
ただ、綾女家の中では一番の常識人で苦労している様子。

草摩響歌(そうまひびか)

千弦の姉。

フルバで登場した巳憑きの十二支「草摩綾女(そうまあやめ)」と綾女の店で働いていた「倉前美音(くらまえみね)」との子ども。

ポジティブで突拍子もないことを思いつき、それをすぐに行動にうつす綾女と美音を足して足して足した感じの女の子。

親の綾女がはとりの言うことを聞くのと同じく、響歌もはとりの娘・帛の言うことなら聞く。

草摩美那(そうまみな/ミーナ)

フルバで登場した兎憑きの十二支「草摩紅葉(そうまもみじ)」の子ども。母親は不明。

親子関係がわかるセリフ

ミーナ「彼女はモモ!パパの妹で補佐もしているの」

見た目は紅葉に似て美少女だが、野球が好きでバッティングセンターや試合にも出ている。
将来は紅葉は父親の仕事を継いだように、自分も継いで紅葉の代より事業拡大するのが夢。

真鍋理(まなべみち)

都立海原高校の3年生。
フルバで登場した生徒会副会長であり真知の腹違いの兄「真鍋翔(まなべかける)」と今日子の事故の関係者「中尾小牧(なかおこまき)」との子ども。

親子関係がわかるセリフ

理「うちの親がまた大量に肉を買ったから」
睦生「俺の母さんの兄の姉さん・・・つまりは従妹だね」

リオ・モスカ

中学3年生。志岐と同じ囲碁部。

フルバで登場した主人公・本田透の親友であり、花島恵の姉でもある「花島咲(はなじまさき)」の子ども。
父親は外国人であること以外の情報は不明。

フルバで咲がアタックしていた夾の師匠であり父でもある「草摩籍真(そうまかずま)」とは結ばれなかったようです。

親子関係がわかるセリフ

リオ「花島先生知ってる?ボクの叔父」

大人びていて、いつもニコニコしている。電波は飛ばせない系男子。

蔭山瑠璃子(かげやまるりこ)

都立海原高校の2年生で、草摩ファンクラブ代表。

フルバで登場したプリンス・ユキ(通称プリユキ)メンバーの「皆川素子(みながわもとこ)」の子どもだと思われる。

親子関係がわかるセリフ

瑠璃子「私の母もかつて睦生さんのお父上に心酔されていたそうです」

苗字がフルバで皆川素子を慕っていた生徒会メンバーの「桜木直人(さくらぎなおひと)」と違うので、新たな出会いを果たしたようですね。

瑠璃子は由希だけ推していた母親とは違い草摩そのものを愛し、守り、癒されたいと思っているようです。

天音

都立海原高校の1年生でフルバナの主人公・三苫彩葉と同じクラス。

入学式の時にずっと下を向いていた彩葉が気になって、一緒にお昼を食べようと誘おうとしていた。

ミトちゃん

都立海原高校の1年生でフルバナの主人公・三苫彩葉と同じクラス。

長谷川巳緒(はせがわみお)

都立海原高校の2年生で、生徒会会計係。

名前に十二支の巳が入っているので草摩関係の人かと思いましたが関係ないようです。

羽佐田千明(はさだちあき)

都立海原高校の2年生で、生徒会書記係。

彩葉の母親

ほとんど家にいない彩葉の母親。
彩葉の交友関係に口を出し、否定的なことばかりをいう。ヒステリックなところがある。

彩葉が幼い頃友人たちから仲間外れにされたのは母親が彩葉の友人に難癖をつけたからだったことが後にわかる。

また、幼い頃彩葉が階段から落下して怪我をしたのは、出先で彩葉を置いて恋人のところへ行ってしまったからだった。

少しずつ更新中…

フルーツバスケット(フルバ)でも登場した人物

竹井誠(たけいまこと)

フルバでは都立海原高校で生徒会長を務めており、在学していた時から草摩由希大好き人間。

フルバナでは都立海原高校の教師として登場し、どの生徒も甘やかしも特別扱いもしないと言っているが、同高校に通っている由希の子ども睦生にかなり甘い。

花島恵(はなじまめぐみ)

フルバで登場した主人公「本田透(ほんだとおる)」の親友「花島咲(はなじまさき)」の弟。

フルバナでは竹井誠と同じく都立海原高校の教師として登場している。

草摩モモ(そうまもも)

フルバで登場した兎憑きの十二支「草摩紅葉(そうまもみじ)」の妹。

フルバでは紅葉の母親が物の怪憑きの紅葉を拒絶し、記憶を消すことになって紅葉以外の3人で暮らしていましたが、紅葉が父親の事業を継いでることやモモが紅葉の補佐をしていることから関係を修復できたよう。

草摩日向(そうまひなた)

フルバで登場した羊憑きの十二支「草摩燈路(そうまひろ)」の妹。

少しずつ更新中…

タイトルとURLをコピーしました